2017年07月18日

本当にあった主婦の体験,読んでみた

「本当にあった主婦の体験」

こういう雑誌って、なぜか主婦層に人気があったりします。

主婦が「主婦の体験」に興味を持つって構図は、考えてみれば妙なものです。

自分自身が主婦なのに他人(こちらも主婦)の体験を面白がる・・・って、なんだか。


「本当にあった主婦の体験」という雑誌は、いわゆるレディコミの漫画誌で、出版社はぶんか社。

うたい文句は「読者の不幸体験をマンガ化するレディースコミック誌」ですって。

そうか!

他人の不幸だから面白いんだ!って、ここまで書いて初めて気づきました。

そういやレディコミって主婦マンガでなくともそんな傾向がありますよね。

遊郭モノなんか代表格、家の事情で売られた娘が悲惨な境遇の中でさらに堕ちてゆく・・・・

なんてのを好んで読む男性はまずいないし。
posted by comi at 04:03| 主婦コミック紹介

2017年07月14日

大家さん引退します。主婦がアパート3棟+家2戸、12年めの決断!・・・このタイトルなんとかならんの?

東條さち子作の『大家さん引退します。主婦がアパート3棟+家2戸、12年めの決断!』

つ!タイトル長っ!!

本作はぶんか社発行の女性向けコミック。もちろん、主人公は主婦なんですが。

━━大家さん引退します。主婦がアパート3棟+家2戸、12年めの決断! あらすじ━━━━

漫画家のかたわら、アパート複棟を経営する大家でもある著者(東條さち子先生)が、不動産経営の実態を描いた前作に続く、待望の続編。

自らの経験をもととしているために、ホンワカムードの中にただようリアルは時に笑え、時に笑えない。。

孤独死問題や不動産業者とか行政との応酬などなど、自ら大家であるからこそ、描けるコツや裏ばなし満載! 

今回は新展開として、新居の購入も。また、アパートのローン終了間近で手放す決心についても描いてます。

描き下ろし&コラムもなかなかお役立ち。

不動産経営を目指している人、現実に物件購入を検討している人必見の1冊!!

━━━━━━

ルポ・エッセイ漫画ってジャンルらしいですね、これ。

主婦コミックのルポっていうと、主婦風俗とか、ホームレス主婦とか連想しちゃいますけど、こういうのもあったか・・・

ギャグ調絵柄の主婦コミックですけど、内容はいたってマジメで興味深いですよ。
posted by comi at 11:43| 主婦コミック紹介

2017年07月12日

流水りんこのアーユルヴェーダはすごいぞ〜!

「流水りんこのアーユルヴェーダはすごいぞ〜!」は主婦と生活社刊行の主婦向けコミックです。

主婦向けとは言っても、コミカルで楽しい内容なので年齢性別問わず広く楽しめると思います。

では、流水りんこのアーユルヴェーダはすごいぞ〜!のご紹介など。

──■ 流水りんこのアーユルヴェーダはすごいぞ〜!/あらすじとか感想とか──

本作は『インド夫婦茶碗』『インドな日々』でおなじみの、インドフリーク漫画家・流水りんこ書き下ろしコミックです!

印度にわたり、早や30年以上。

たびたび目にし、触れてもきたのがインド伝統の医学“アーユルヴェーダ”。

中高年になった主人公は、日頃の不摂生が祟ってか、体調はバッド!しかも、メタボリック!!──代謝が悪い──

そこで思いついたのがあのアーユルヴェーダ。

さすがはアーユルヴェーダの本場インド!アーユルヴェーダ専門病院なんてものもあるんです!!

そこで入院してみることに・・・

ほんの思い付き程度の軽い気持ちでスタートした治療だったが、実に奥深くそこが知れない。

治療が進むにつれて、不思議な体験の連続!

本作は、著者が体験、見聞きした実話をもとに描き起こしたオリジナルコミックです。

古代から伝わるインドの伝統・文化の“凄み”を感じてください!!

────

論理的な考えかたが苦手な日本女性は多いのですが、りんこさんはかなり論理的。

世界一論理性に長けているともいわれるインド人と結婚されるだけのことはありますね。

実にくだらないことで切れるし、突き詰めて考えなくてはならない事があると、どんどん顔が険しくなって、最後は八つ当たりを始めるうちの姉に見倣わせたい。w
posted by comi at 13:21| 主婦コミック紹介